げん玉への登録で準備するもの

01 01, 2013
これからげん玉へ登録される方へ

【げん玉に登録する前に準備するもの】

・メールアドレス(フリーメール)


げん玉への登録はプロバイダーから提供されたメールアドレスを使ってもいいのですが、他のポイントサイトの利用も始められることを考えると、配信されるメールが増えるかもしれませんから、げん玉(ポイントサイト)専用のメールアドレスを取得しておいた方がいいと思います。

フリーメールという無料で利用できるメールアドレスがあります。
いくつでも無料で利用できます。
Yahoo!メール
exciteメール
gooメール

管理人はYahoo!メールを利用しています。

また、これは登録してからのことですけど、げん玉に掲載されている会員登録などの広告に申し込む場合は、げん玉に登録したものとは別のフリーメールを利用されることをおすすめします。

これは、広告によっては、毎日何通ものメールを配信する広告があるからです。
それらの広告にいくつも申し込んでいると、毎日配信されるメールはかなりの量になります。

そういった広告への申し込みに、プロバイダーアドレスなどプライベートな利用もするメールアドレスはもちろん、ポイント付きのメールが配信されるげん玉への登録で利用したメールアドレスを使うと、毎日のメール確認・処理が大変なことになってしまいます。

メールアドレスは
・プライベート用
・げん玉(ポイントサイト)用
・広告申し込み用
と分けておいた方がいいようです。

Hotmailは、広告への申し込みには使えない場合が多いようです。



【げん玉に登録してから準備するもの】

・銀行口座(ネット銀行)

げん玉で貯めたポイントを現金に交換する場合、銀行口座が必要となります。
ゆうちょ銀行や都市銀行などでもいいのですが、手数料などを考えるとネット銀行の方が有利な場合が多いようです。

代表的なネット銀行
・楽天銀行
・ジャパンネット銀行
・住信SBIネット銀行

このうちの一つだけでも口座開設されておくといいと思います。

げん玉に登録される前に口座開設しておいてもいいのですが、これらのネット銀行口座開設は、げん玉に広告として掲載されていますから、げん玉に登録してから申し込めば、その分のポイントを獲得できることになります。

2013年5月現在の、それぞれの口座開設で獲得できるポイント
・楽天銀行・・・1,000pt(100円)
・ジャパンネット銀行・・・2,000pt(200円)
・住信SBIネット銀行・・・3,000pt(300円)

管理人のおすすめ口座は、住信SBIネット銀行です。
げん玉のポイントを現金に交換する時は、PointExchange経由で交換する必要があるのですが、交換手数料は住信SBIネット銀行が一番安くなっています。
また、ATMからの無料引き出し回数も、他の銀行よりお得な設定となっています。

※口座開設で獲得できるポイントは変更される場合があります。また、げん玉での掲載が終了する場合もあります。必ず、ご自分で確認してください。
※これらの口座開設の広告は、げん玉の右上にある検索窓から検索すると、げん玉に掲載されている場合は表示されます。


・PointExchangeへの登録

げん玉で貯めたポイントを現金などに交換する場合、ポイント合算サイトのPointExchangeにポイントを移行してから現金化するシステムになっています。
PointExchangeへ登録

※PointExchangeでも、ゲームなどでポイントを貯めることができます。

【注意】
PointExchangeへは、必ず本名で登録してください。
現金へ交換する際、銀行口座の名前とPointExchange登録の名前が違っていると交換できません。


次に → げん玉での稼ぎ方



ここから登録で250ptもらえます



関連記事
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
メニュー
最新記事
ためになるお小遣いブログがいっぱい
ご訪問ありがとうございます
げん玉 本当にNo.1ポイントサイトなのか?
現在のポイント
10月16日更新
マイページ
交換済みポイント 10,593,000pt(1,059,300円)
→ ポイント交換報告記事
→ 2017年4月 換金額100万円突破!
プロフィール

タムタム

Author:タムタム

No.1ポイントサイトと言われている「げん玉」は
本当に稼げるのか確かめようと頑張ってます

カテゴリ
月別アーカイブ
Special Thanks
相互リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR